稲垣吾郎が語る“ワイン道”夢は「吾郎ワイン」

かつてドラマでソムリエ役を演じて以来、ワインにハマっている稲垣吾郎さん。作家・林真理子さんの故郷、山梨のワイナリーを巡りながらお二人が対談しました。




林:私がいつもうちに常備してるのは、「オーパス・ワン」(カベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたブレンドで、フルボディーのカリフォルニア高級ワイン)のセカンドラベルの「オーヴァーチュア」。1万5千円ぐらいで、ちょうど良い価格帯で、おいしいのよね。人のうちに行くときは、何も考えずにこれって決めてます。そういうワインを決めておくと、いざという時に便利ですよ。

稲垣:なるほど。「オーヴァーチュア」はいいですよね。下手したら、「オーパス・ワン」よりおいしい年もあるぐらいで。名前で高くなっちゃうワインもありますしね。

林:そうそう。

稲垣:昔、シャトー・ラトゥール(1855年の格付けで第一級格付けに選ばれたボルドー5大シャトーのひとつ)の人から聞いたんですけど、ワイン造りの担当者に「何年のが一番おいしかった?」って聞いたら、「八十何年の『レ・フォール・ド・ラトゥール』(「ラトゥール」のセカンドラベル)が一番おいしかった」って言ったんですって。

林:へぇ〜、そうなんだ! そんなことってあるんですね。

稲垣:はい。年によってはセカンドラベルのほうがおいしくできちゃうってことも、なくはないことだよなぁと思って。

林:造ってる人が言うなら間違いない。いい話聞いちゃった。後でアマゾンで買っちゃおうかな。だけどワインの値段って、昔と比べてずいぶん高くなりましたよね。三十数年前にも、「ある大物作家のお中元はロマネ・コンティです」という話を出版社の人から聞いて、「偉い人はそんなに高いお中元なのか」って思いましたけど、今は1本100万円を超えるでしょう。そのとき、「林さんが直木賞を獲ったら、うちからロマネ・コンティをプレゼントしますよ」って言われて頂戴しましたが、今はないだろうなあ。

稲垣:今はプレゼントするなんて無理な値段ですよね。とにかく値段の高騰ぶりがすごい。でも僕、ロマネ・コンティを造ってる、ブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村の畑、行ったんですよ。行って何でそんなに高いのかがわかりました。畑がわずか1.8ヘクタールと小さくて年間6千本しか造れない。それで世界中の人が買おうとするから、そりゃ希少価値は上がりますよね。

林:私も行きました。今は投資のために買う人もいるのかな。

稲垣:そういうクラスになるとあるかもしれないですね。だけどそうなるとなんか、楽しくないですよね。やっぱりワインは楽しく消費するものだと思う。

林:ワインのいいところって、友達と複数人で飲むものというところですよね。みんなで飲むと、味わう喜びとか、幸せを分かち合うという感じがするし。

稲垣:そうですね、それが楽しい。

林:だからケチな人はワインのコレクターには合ってないよね。ワインって、一人で飲むものじゃなくて、人に飲ませなきゃいけないから。宝石とかと違って、いくら高いものでも一人じゃ飲まないでしょ。

稲垣:だからワインごとに、そして飲む人ごとにストーリーがありますよね。そういうところも、ワインっていいなあと思います。僕、いつかワインを造ってみたいなあ。

林:えっ、ほんと?

稲垣:そりゃ好きだし、興味はありますよ。そしてせっかくワインを造るんだったら、海外でより日本がいいな。

林:「吾郎ワイン」、いいじゃないですか。

稲垣:日本だとワイン造りに適した土地ってどこなんだろう。

林:やっぱり山梨ですよね。特にここ勝沼は、甲府盆地の東側に位置していて、ブドウが作りやすいし。山梨は今も全国1位の生産量ですよ。

稲垣:やっぱり山梨ですか。でも新しく始めようと思っても、土地がないんじゃないですか?

林:高齢化で畑やワイナリーを手放す人も多いですよ。居抜きで譲ってくれるところがあったらいいのにね。山梨だと東京からも車で1時間だし、アクセスもいいし。

稲垣:やってみたいですねえ。なんて軽々しく言えるほど楽な話じゃないと思いますけど……。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント