大物プロデューサーの存在

10月20日にスタートする木村拓哉(46)の主演ドラマ「グランメゾン東京」が、スタート前から話題になっている。

 その多くは木村がフレンチの天才シェフを演じることだったり、ロケ地がパリの有名三ツ星レストラン「ランブロワジー」といったことだが、芸能関係者が楽屋裏で話題にしているのは別の話。キムタク、鈴木京香に続き、6番手の扱いでパティシエ役で出演する女優の吉谷彩子(28)についてだ。

 吉谷が地上波の連続ドラマにレギュラー出演するのは、2017年10月期の「陸王」(TBS)以来、約2年ぶり。同作で吉谷は、埼玉県行田市にある老舗足袋製造会社「こはぜ屋」の縫製課の最年少従業員役を演じた。

「吉谷が演じた役柄は他にもたくさんの候補者がいて、最終的に公募という形が取られました。このオーディション審査はTBSの著名演出家の福澤克雄氏、田中健太氏、プロデューサーの伊與田英徳氏らが担当。彼らは『単に足袋屋の女性従業員という役柄にとどまらず、将来の日曜劇場の主演が務まるような女優を選ぼう』と意気込んで吉谷をキャスティングしたといいます」(芸能プロ関係者)

 吉谷は4歳の時に1996年にTBSのドラマ「最後の家族旅行」で子役としてデビュー。以来、出演作はNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」「梅ちゃん先生」など50本を超える。そして「陸王」でようやくブレークし、企画を吟味しつつ「さあ、これから」というタイミングで18年12月に「フライデー」が報じたのが、「陸王」で共演した竹内涼真(26)との“熱愛半同棲”のニュースだった。

 売り出し中の竹内にとっては致命傷になりかねないスキャンダルであり、吉谷の期待されたような露出の機会もなくなった。最近の吉谷の出演作は「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系)の女性警察官役など単発2回のみ。さまざまな憶測も流れた。

 そして、熱愛報道から10カ月が経過し、ようやく吉谷は「陸王」以来となる民放の連ドラにキャスティングされた。それもキムタク主演の話題作だ。

「吉谷の『グランメゾン東京』の出演にあたっては、『陸王』でもプロデューサーを務めた伊與田英徳プロデューサーが後押ししたといわれています。TBSとしては『みそぎは十分に済んだ』という判断なんでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

 気になるのは、竹内とのその後の関係だ。

「竹内も吉谷も大手芸能プロの所属で、双方の事務所としては『ふたりは関係を清算した』ということになっています。ただ、皮肉にも伊與田プロデューサーを介して2人は今もつながっています。竹内にとって伊與田プロデューサーは役者を続けていく上での大切な相談役、そして吉谷にとっては恩人のような存在ですからね」(前出の芸能プロ関係者)

 あの騒動以降、2人のツーショットの目撃談さえ聞かないが、吉谷が本格的に連ドラ復帰することによって、身辺がにわかに騒がしくなることは避けられない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント