次は嵐かキンキ?TOKIO城島の結婚に見る“ジャニーズの法則”

次は嵐かキンキ?TOKIO城島の結婚に見る“ジャニーズの法則”


元メンバー・山口達也がジャニーズ事務所を退所して以来、TOKIOは満足に活動が出来ずにいる。

「山口くんがいなくなって、TOKIOの音楽活動は実質休止状態です。特に長瀬智也くんは音楽がやりたいそうで、『早く辞めたい』と何度も話していました。時間が余っているのか、毎日のようにバイクに乗っていますよ。また、9月27日の朝には国分太一くんがMCを努める情報番組『ビビット』(TBS系)が最終回を迎えた。松岡昌宏くんも仕事が減っているのか、以前にも増して飲み歩いているようです」(テレビ局関係者)

 そんな中での城島の結婚発表。TOKIOにとっては久しぶりの明るいニュースだ。長年独身を貫いてきた”長老”が心を決めたのは一体誰なのか。

「お相手は『女性セブン』(2017年6月17日号)で熱愛をスクープされたグラビアアイドルの菊池梨沙さん(24)です。最近も、同誌(2019年9月19日号)で二人の近況が報じられています。2人は現在お互いの家を行き来する生活を続け、菊池さんの両親にも挨拶をしているとか。城島さんも母親に菊池さんを紹介し、家族で食事をすることも。TOKIOのメンバーにも紹介したようです。2人の左手薬指には、お揃いの指輪がはめられていたといいます」(雑誌関係者)

 菊池と出会う前の城島は、結婚とはほど遠い生活を続けていた。「週刊文春」(2014年9月4日号)では、4人の美女と連日デートを楽しむ姿を報じている。

「当時、城島の生活は荒れていました。2014年8月30・31日に『24時間テレビ37 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でチャリティーマラソンを走っているのですが、本番前には本当に走りきれるのかと、周囲から心配の声が上がっていた。自宅近所のバーやラウンジに通い、朝までお酒を飲み続ける毎日でしたからね。」(芸能関係者)

 そんな城島の生活を変えたのが菊池だった。

「菊池は母が日本人で父親がバングラデシュ人のハーフ美女で、プロポーションも抜群。病気がちな母親を支える、家族思いの面もあります。城島はそんな菊池と交際してから、ラウンジなど夜の店へ行く回数が減りました。菊池もお酒が好きなので、今ではもっぱら2人で飲みに行っているようですよ」(別の芸能関係者)

ジャニーズ事務所は”新世代人事”を発表
 そして、そんな慶事の陰で、ジャニーズ事務所がある重大な発表を行った。

「9月27日付けでジャニーズ事務所公式ウェブサイトでは、新たな役員人事が発表されました。故ジャニー喜多川社長の姪にあたる藤島ジュリー景子氏が社長に就任し、滝沢秀明が副社長に。ジュリーの母親である藤島メリー泰子氏は、会長に就任しています。”次世代ジャニーズ”の布陣がようやく決まったわけです」(前出・芸能関係者)

”独身長老”の結婚と、役員新人事。ジャニーズ事務所は新たな門出を迎える。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント