上野樹里「監察医 朝顔」入浴シーンの報道に言及

女優の上野樹里が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜よる9時~)が23日、最終回を迎えた。上野は同日、自身のTwitterにて“入浴シーン”について言及した。

同日、一部にて「入浴シーンの撮影時間は2時間で終われば早いほう」「女優の入浴シーンほど大変な撮影はない」などと報じられたことを受け、上野はTwitterで「入浴シーンにかかった時間は20分ほどで準備、10分後には撮影終了していたので、2時間もかかってませんね!」と言及。

さらに朝顔に入浴シーンが必要だったことについては「朝顔は、入浴中何を考えているか。監督の意図は、朝顔が帰宅して一人になってあれこれ考える事ができる唯一の空間がお風呂だったのです。明日の講義のこと、法医としての今の自分のあれこれを考える大切な時間」とつづり、「私も今日の事、明日の事色々考えながら湯船に浸ることありますね~!」と自身と照らし合わせてコメントした。

また、入浴シーン後にはメイク室に戻って入浴前のヘアメイクに直し撮影が終了する、という点には「スタンバイチームとメイクを薄くしてツヤを足して髪を霧吹きで濡らし、濡れていい肌着に着替えてる間に、美術部の方がお湯が浴槽にせっせと運び、撮影部、技術部は撮影がすぐ出来るようカメラセッティング。そして撮影後、帰宅という流れ」と内情を説明し、「だいたいその日の最後に撮影する事が多いですね!」と明かした。

◆上野樹里主演月9「監察医 朝顔」

本作は同名漫画作品を原作に、ドラマ化をするにあたってアレンジした感涙のヒューマンドラマ。法医学者と刑事という異色の父娘が各話で、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かしていくさまをサスペンスフルに織りなし、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまをハートフルに描いた。

また同局系連続ドラマとしては、初めて東日本大震災を真正面から扱われた。震災で母を亡くした法医学者の万木朝顔(まき・あさがお)役を上野が演じたほか、時任三郎、風間俊介らが出演。

最終話の平均視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。同枠で放送された2017年7月期の「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―3rd season」以来、2年ぶりに全話2桁を記録した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント