温厚な翔くんが怒るエピソードなんて貴重

『VS嵐』(フジテレビ系)で、嵐の櫻井翔(37)が二宮和也(36)に「一緒に寝てよ」と求めたエピソードを明かしたところ、そのシチュエーションに胸がキュンキュンするとファンの間で話題となった。



 この日は、バレーボール女子日本チームが嵐チームとゲームで対戦。番組終盤のトークで、女子バレーの佐藤美弥選手(29)が古賀紗理那選手(23)と相部屋になった際のエピソードを披露したところ、櫻井翔はかつて嵐のメンバーも宿泊先で相部屋になったことがあったと話した。



 松本潤(36)が2007年頃に泊まった仙台の合宿所が相部屋だったと言うと、相葉雅紀(36)は「俺とリーダーが怖い話して翔ちゃんが怒ったやつね」と合宿所で櫻井翔が激怒したエピソードについて触れた。なんでも、櫻井は同じ部屋だった相葉と大野智(38)から怖い話をされたところ、怖い話が苦手な櫻井は本気でブチ切れて部屋から出て行ってしまったという。



 その後、櫻井翔は空いている部屋を探して中に入ったそうだが、和室で一人きりになってしまい、逆に「マジ怖い」思いをしてしまったのだとか。そんな櫻井は二宮和也の部屋に行き、「ニノ、ニノ、ちょっと一緒に寝てよ」と二宮に助けを求めたことを振り返ると、二宮は櫻井から「あいつら、マジで信じらんねーよ!」と愚痴られたことを暴露し、スタジオの笑いを誘っていた。



 櫻井翔にとってはかなりの恐怖体験だったかもしれないが、嵐のファンはこのエピソードに思わずほほ笑んでしまったようで、ネット上では「どんだけ怖かったの」「温厚な翔くんが怒るエピソードなんて貴重」などといった反響が相次いでいた。また、ファンの中には、櫻井と二宮和也が一緒に寝る姿を妄想してしまう人も続出。「向かった先がニノのベッドの中」「すごくキュンキュンきたんだけど」などという“胸キュン”コメントも数多く見受けられた。


 かつて、二宮和也が雑誌で語ったところによると、二宮は部屋に来た櫻井翔を優しく寝かしつけてあげたという。櫻井といえば見た目に反してかなりのビビリなのだが、二宮はその性格を当時から分かっていたのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント