ネプチューン名倉、昨年の手術の影響でうつ病発症を公表

お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)が、昨年6月に受けた頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術の侵襲によるストレスが影響し、うつ病を発症していたことを1日、公表した。

 医師の診察の結果、精神状態の安定が必要であり、一定期間の休養が必要と診断されたため、この日から約2か月間、リハビリによる休養期間に入る。休養前最後の仕事は、7月31日のテレビ朝日系「ナニコレ珍百景」(日曜・後6時半)の収録になった。

 昨年の手術後の経過は良好だったが、その一方で、手術の侵襲という普段の生活にはないストレスが要因となり、うつ病を発症したという。名倉は「日頃応援して下さっている皆様、関係者の皆様、この度はご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。少しの間、休養させていただきます。体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントした。

 原田泰造(49)、堀内健(49)も連名でコメントを寄せ、「この度はご心配、ご迷惑をおかけ致します。潤ちゃんが元気に戻るまで、そして、安心してゆっくりできるように、しばらく2人ネプチューンで頑張ります。番組などの関係者の皆様には、様々な面でお力添えいただくことになりますが、どうぞよろしくお願い致します」と話した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント