堂本光一「こんないい曲俺ら歌ってるんだ」山崎育三郎と音大生のサプライズに感激

今回は、山崎の母校である東京音楽大学を知って欲しいということで校内を見学。堂本光一が「男女比率も圧倒的に女性の方が多いんじゃないかな」と聞くと、「高校の時は僕ともう一人だけでした男子。9割は女子」と山崎。堂本剛が「じゃあ、めっちゃモテたんちゃう?」と聞くと、「めっちゃモテます!」と力強くコメントしていた。

校内では学生から音大あるあるを聞き、また山崎の恩師である立原ちえ子先生が登場、ボイスレッスンを体験した。光一が「どんな生徒だったんですか?」と聞くと「まじめでとてもいい子でしたよ。やっぱりモテてたし…」と山崎を中心に人が集まってきていたと振り返った。

続いて、声楽専攻の授業を見学した一行。1年生が受講している舞台基礎の入門講座に潜入した。情感という授業で、「おはよう」の挨拶をいろんなパターンで行うと説明を受けると、「一番嫌いな授業!」と渋い顔を浮かべた光一。

山崎が「はいキンキさん」と振ると、剛が率先して学生の輪に加わった。学生に混じって挨拶をする3人。光一と剛が驚いた様子でお互いに腕を掴み合って「おはよう!」とコント風に挨拶を交わした。

感想を聞かれると「やっぱり自分解放につながる」と光一。山崎は「緊迫感のある中でどれだけ自分を解放できるかっていうのは将来絶対役に立つ」「歌うのにとっても大事」と学生にアドバイスした。剛は「これが5、6人、3人だけでやるのも技量が試されるな」とコメントすると、今度は山崎と3人だけで感情表現を行うことに。

何度か「さよなら」の挨拶を交わしたものの、最後は3人が座り込んで、演劇風に挨拶を交わした。剛は「なにこれ(笑)」とツッコミを入れたが、講師は「円陣を組んで積る話があるんだなっていうさよならでした。あれは、さよならできないという友情をピッと感じました」と大絶賛していた。

最後は、声楽専攻の学生と山崎から歌のプレゼント。KinKi Kidsの「ボクの背中には羽根がある」を披露。拍手をして「嬉しい」と喜んだ二人。「泣ける感じしたよね」と光一。続けて「こんないい曲俺ら歌ってるんだ」と自虐的にコメントしていた。

SNSでは「3人とも挨拶のバリエーション豊富でさすがだ」「学生さんの歌に感動した」などの声が寄せられていた。

この記事へのコメント