大手事務所を独立したタレントが何年かテレビに出られなくなるというのは

極楽とんぼの加藤浩次が18日、日本テレビ系「スッキリ」で、ジャニーズ事務所が公正取引委員会から注意を受けた問題について言及。大手事務所から独立したタレントがしばらくテレビに出られないということに「僕らも暗黙で分かっている」と語り、今回の事が「業界が変わっていくきっかけになればいい」とした。

 番組では、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに、SMAPのメンバーだった稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を出演させないよう圧力をかけた疑いがあるとして公正取引委員会から注意を受けたニュースを放送。ジャニーズ事務所側は「圧力をかけた事実はない」と否定した上で「調査を受けたことを重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したい」とHPで発表している。

 これに加藤は「注意に留まったということで、これで終わったと思うかもしれないが、僕はジャニーズ事務所に限らず、皆さん周知なんですよ。大手事務所を独立したタレントが何年かテレビに出られなくなるというのは。テレビを見ている方も気づいている方はいると思う」と、これまでも独立したタレントがテレビ出演が減ることがあったと指摘。

 そして「僕らもそういう仕事をさせてもらっていて、そういうの暗黙にあるって分かってる」と語った。

 その上で、独立タレントがテレビに出られなくなるということに「何十年前から決まってきたテレビの歴史、芸能界の歴史の中で、当たり前のように扱ってるんだけど、今の時代から言うとちょっともう、おかしいんじゃないかという部分、実際にある」とコメント。「その部分というのは、テレビ局も事務所関係も、この業界全体が新しく変わっていく、次に向かって行くきっかけになればいいと、僕は思っている」と訴えていた。

この記事へのコメント