中居正広、ジャニー喜多川社長への思いを

タレントの中居正広(46)が、13日放送のテレビ朝日系情報番組「中居正広のニュースな会」(土曜・正午)に出演。9日に解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血で亡くなったジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川(本名・喜多川擴=きたがわ・ひろむ)さん(享年87)への思いを明かした。

 中居は、9日に喜多川社長が亡くなった後、所属タレントが相次いでコメントを発表したが、沈黙を守っていた。番組では冒頭からおよそ10分間に渡り訃報を伝え、数々のアイドルを輩出した功績を振り返った。スタジオで中居は「僕個人としても、とっても大きな出来事でしたけど」とコメントした。

 これまで公にコメントしなかった理由を国際大会「世界野球プレミア12」の公認サポートキャプテン就任が11日に発表されたため「それと同じ時期で今ここでコメントしてしまうと、プレミア12は、随分前からこの日って決まっていたので、こっちも濁ってしまうのもよくないし、大事なジャニーさんへのコメントも濁ってしまうからって、ちょっと差し控えさせていただいた」と説明した。

 その上で「僕らにとって1対1なんですよね。でもジャニーさんにとっては分母が1で、分子、子供、何百っていますんで、その僕は何百分の1に過ぎない。分母じゃないな分父の方がいいかな。所属タレントのみなさんは素直な気持ちでコメントされているなって感じていますし、企業の社長さんが亡くなりましたのコメントで、こんなコメントが集まるのかなっていうのが不思議で」と明かした。印象は「怖かった方ですね。プライベートもそうですし、すごく厳しくされました」と振り返っていた。

 初めて教えられたことが「照明」と振り返り「SMAPのグループは昭和のグループだったので、照明をひとつひとつ教えてもらったんですね」などと明かしていた。

 喜多川社長の「家族葬」は12日に都内の「ジャニーズアイランド」の稽古場で営まれた。一般、報道陣には非公開で葬儀後に事務所が公表した。所属タレント約150人が参列。最後に近藤真彦(54)がジャニーさんへの感謝を語ったという。

この記事へのコメント