SMAP『世界に一つだけの花』東京五輪で5人版が完全復活

7月9日、ジャニーズ事務所の代表取締役社長、ジャニー喜多川氏(本名:ジョン・ヒロム・キタガワ)が都内病院で逝去した。死因は、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血。享年87だった。



 通夜・告別式はジャニー氏の“子ども”である所属タレントたちとJr.のみで「家族葬」として執り行われ、別途お別れ会も行われる予定となっている。



 9日23:30、一代で“ジャニーズ帝国”を築き上げたジャニー氏の逝去の発表を受けて、9日の『news zero』(日本テレビ系)や『news23』(TBS系)は、一部内容を変更し、ジャニー氏の功績を辿る放送となった。



「ジャニーさんは1962年にジャニーズ事務所を創業し、数多くの男性アイドルを育て上げました。シングル1位獲得作品数は実に439作、総売上枚数は1億4821万枚。これらの功績が称えられ、2011年には『最も多くのコンサートをプロデュースした人物』『最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物』、さらに2012年には『最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物』として、それぞれギネス・ワールド・レコーズに認定されています。



 ジャニーさんの逝去を伝える『news zero』では、ジャニーさんがプロデュースしたグループの楽曲を映像とともに紹介しましたが、その中には『世界に一つだけの花』を歌うSMAPの映像もありました」

2003年3月にリリースされた『世界に一つだけの花』は、SMAP35枚目のシングルで、オリコン調べの売り上げは312.9万枚。平成で最も売れたシングル曲で、ジャニーズ事務所所属タレントのシングル売り上げでも歴代1位となった。



「SMAPを代表する曲なのは間違いありませんし、21世紀を代表する国民的ソングとなり、音楽の教科書にも載るほどです。しかし、SMAP解散以降、民放地上波ではSMAPが歌う『世界に一つだけの花』を目にすることができませんでした。



 ところが、ジャニーさんの逝去を受けて、SMAPが歌う『世界に一つだけの花』が民放でも解禁された。これを機に再び当たり前に目にするようになればいいのですが……」



 と、言葉を濁しながら前出の民放局ディレクターが続ける。



「『世界に一つだけの花』は、それぞれの多様性を認めようとする昨今の風潮にもぴったりの歌詞です。



 その名曲を、来年行われる東京五輪でも正式に使いたいと五輪関係者は今、動いているといいます。『世界に一つだけの花』の著作権は、作詞・作曲の槇原敬之(50)と、ジャニーズ事務所が持っており、JASRACに信託されています。だから、JASRACに許諾手続きさえすれば使えるとは思いますが、権利関係はさておき、やはり『世界に一つだけの花』はSMAP5人のもの。事務所を退所し、『新しい地図』で活動しているとはいえ、稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)の3人のものでもあります。SMAP5人全員で歌う『世界に一つだけの花』の映像は、地上波放送でも解禁されつつありますが、五輪で大々的に使用するとなれば3人の気持ちを無視することはできないでしょう。



 芸能プロダクションの中でも、筋を通すことに最も厳しいとされるジャニーズ事務所が、彼ら3人の許諾を取らずに、五輪の運営サイドに使用許可を出すということはないはずです。現在、ジャニーズは『世界に一つだけの花』の五輪での使用を巡り、『新しい地図』が所属する事務所『CULEN』に水面下で歩み寄りを進め、3人の了承を得ようとしているとささやかれていますね」


 来年の東京五輪での、SMAP5人の『世界に一つだけの花』の映像は楽しみだが、いつか再び彼らが一同に集結し、5人そろって歌う姿も見てみたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント