“公取委の注意”スルー…「これが圧力の証」

退所した元『SMAP』メンバーたちがテレビに出演できないように圧力をかけていた疑いが向けられ、公正取引委員会から注意を受けていた問題。テレビ局でも報じられたが、肝心のジャニーズタレントたちは〝ダンマリ〟で、多くの批判が起こっている。


今回の報道で最も注目されたのは、国分太一と中居正広の動向だ。というのも、2人はニュース番組のMCをそれぞれ務めている。


しかし、国分は『ビビット』(TBS系)で完全スルーを決め込み、同番組内でこの話題が取り上げられることもなかった。




全然『ニュースな会』じゃ無い

さらに、中居正広がMCを務める『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)でも取り扱われなかったことで、批判が続出することに。ネット上では、


《自分の事務所のことだから取り上げにくいだろう。でもそれじゃ中居さんがニュースな番組をやる意味がない》
《これが圧力の証じゃないですかね? それでも〝疑惑〟で乗り切る気ですか?》
《中居くんが言えないということは、ジャニーズ事務所がSMAPである中居くんにいまだに圧力をかけている証拠以外の何物でもない》
《ビビットでもニュースな会でも圧力問題はタブー。そんなニュース番組の信憑性ってねぇ》《テレビ朝日の忖度? 本当につまらない番組だなぁ》


などといった声が上がっている。


「今回の調査を受けて、ジャニーズ事務所は『弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません』とコメントを発表していました。しかし、これでも圧力がないというのは不自然過ぎる。一部では、テレビ局が勝手に忖度しているだけ、ともいわれていますが、それを圧力だと指摘する声も。結局、ジャニーズはテレビ局のせいにして、この問題をやり過ごそうとしているのでしょう」(芸能記者)

中居も言いたいことが山ほどあったはず。今、親しい松本人志らが自分の会社と戦っている姿を見て、何を思っているのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント