バッハ会長「嵐にはスポーツと文化を結びつけて欲しい」

嵐が司会を務める特集番組『2020スタジアム 東京2020オリンピック開幕1年前スペシャル』(NHK総合)が、7月24日に放送された。本番組は、1年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、アスリートや世界中の人々と嵐が向き合い、魅力を伝える内容となっている。スタジオには田口亜希、森泉、澤穂希、吉田沙保里、野村忠宏、石原さとみ、サンドウィッチマン・伊達みきお、富澤たけしが登場した。

 過去に開催されたオリンピックで印象に残っているシーンを紹介する嵐のメンバー。松本潤は、ロンドンオリンピックの開会式でエリザベス女王が登場したシーンだと語り、二宮和也は、アトランタ柔道男子60kg級だと明かす。櫻井翔は、リオデジャネイロの陸上男子4×100mリレーの決勝、大野智はロサンゼルス陸上男子100mだとそれぞれ印象に残っているシーンを語った。

 アーティスティックスイミング日本代表の合宿を訪ねた松本。今回の演技のテーマは「日本のお祭り」。全国各地の祭りの掛け声、手拍子を取り入れて会場がひとつになって盛り上がることを目指しているそうだ。そこで重要なのが、水中から選手を飛ばす大技「リフト」。前回金メダルのロシア、銀メダルの中国と比べて日本は跳躍率が低く、そこが課題だという。松本も何か手伝えないかと申し出て、演技の軌道修正をしていくために見る動画撮影を手伝うが、録画ボタンが押せておらずミスをしてしまい「僕どちらかというと撮られる側なので……」と戸惑う一幕も。これから、1年間でどのように演技が変化していくのか今から楽しみだ。

 櫻井は、スイスのIOC本部へ向かい、バッハ会長へインタビューを行うことに。インタビューの前、さらに知識を深めるためにオリンピックミュージアムへ向かった。まず通されたのはロッカールーム。そこには、扉に過去に活躍した選手たちの名前が刻まれており、何かを見つけて感動した様子で「僕の世代ドンズバですよ!」と声をあげた。そこにはカール・ルイスの名前が刻まれていた。展示エリアでは、これまで開催された大会のメダルの展示や、選手が実際に着用していたユニフォームが展示されており、ここでもカールロイスの着用した靴とユニフォームが。櫻井は「時空を超えますね」と終始感動していた。

 そしてついに会長のインタビューへ。櫻井がスマートに英語で対応すると「僕も日本語でいいかな?」とジョークを飛ばすなど、気さくな人柄に魅了された櫻井。「ナビゲーターとして嵐のメンバーに期待することはありますか?」と尋ねると、「スポーツは音楽と同じように人生を豊かにしてくれる。嵐にはスポーツと文化を結びつけて欲しい。今までなかった体験を伝える大事な役割です。素晴らしいパフォーマンスでスポーツの喜びを伝えてください」と会長は語った。

 櫻井はカメラが止まっている時にも気さくに話してくれたと明かし、対談の感動を語る。そんな中、相葉が「翔ちゃん! お土産ってあるんですか?」と尋ねると、出演者に自腹で買ってきたことを明かした櫻井。だが、売っているものが少なく全員分はなく、サンドイッチマンには木でできたストローを買ってきたと明かし、スタジオが笑いに包まれた。

 そして大野は、ブルガリアの新体操代表が合宿を行っている山形県村山市で選手をサポートするボランティアを体験することに。だが事前にきちんとした研修が必要で、合宿所でよく使う言葉なども練習するなど本格的だ。一方、2020年の東京大会で聖火リレーを走ることを目指している二宮は、まずは志望動機の応募項目を埋めるため、1964年東京大会で聖火ランナーをつとめた人々を訪ねてヒントを探しにいくことに。そこで浮かび上がってきたキーワードは、“挑戦”とオリンピックに参加したいという“熱意”。この気持ちを胸に聖火リレーを目指し始めた。さらに相葉は、パラリンピックのレジェンドアスリートを訪ね、マルクス・レーム選手の強さの秘密に迫った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント