堂本光一は、 「カッコいいかどうかって

総合MCのTOKIO・国分太一のもと、5時間の生放送となる同特番は、今回で6回目。毎回、注目されるのがジャニーズアーティストの豪華な出演陣。今回は、KinKi Kids、V6、嵐、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Princeの計10組が出演した。



 例年、夏の音楽特番の先陣を切り、かつ、ジャニーさんのことが気になる中での生放送ということもあり、どのようなトーンで番組が展開されるのかも注目が集まっていた。



 番組開始早々、



「こんばんはー! テレ東音楽祭、始まりまーす!」



 という挨拶とともに国分が登場。引きの画面になると、テレビ東京天王洲スタジオ前の運河に、水圧で宙に浮かぶアクティビティー「フライボード」をやっている姿が明らかになった。ほどなくバランスを崩し、落水。それを、運河の岸から見て爆笑するのが、KinKi KidsとKAT-TUNのメンバー。みんな、とても楽しそう。



 自ら身体を張り、ずぶ濡れのまま岸に上がる国分を、ニュース 芸能 芸能総合 ジャニーズ ジャニー社長 “緊急搬送後”、生出演した10組が守り抜いた「ジャニーズ哲学」
ジャニー社長 “緊急搬送後”、生出演した10組が守り抜いた「ジャニーズ哲学」
週刊女性PRIME 2019年6月28日 17:00 0


「さすがッス、先輩」



 と称える亀梨和也。堂本光一は、



「カッコいいかどうかって聞かれると、ちょっと答えようがないです」



 といじり、それに対して、



「これがね、俺の仕事なのよ」



 と答える国分に、



「そこがカッコいいです!」



 と光一。剛は隣で終始苦笑。和気あいあい。



 あるテレビ誌記者は言う。



「ヘンに緊張して硬くなっていたり、無理に笑っているような雰囲気は感じませんでした。実際のジャニーさんの様子はまったくわからない状況ですが、その様子からは、光一の舞台『ENDLESS SHOCK』でおなじみのセリフ“SHOW MUST GO ON”がよぎりました」



「SHOW MUST GO ON」とは、ショービジネスの世界では、たとえどんなことが起きても幕は開けないといけないという、ジャニーさんの哲学のような思いが込められたセリフだ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック