櫻井翔の〝静かなる追放〟を決断

ジャニーズ事務所の若き幹部T氏が、『嵐』の櫻井翔を特別な配慮をもって〝追放〟する予定だという。「嵐」は2020年末をもって活動を休止。以後、メンバーはソロ活動に進むとみられているのだが…。

「乱交パーティーの写真などが週刊誌に掲載されているリーダー・大野智は自主退社が濃厚。釣り好きなので、沖縄の宮古島で釣り人相手の船長をやるというウワサです。松本潤と二宮和也は、俳優として視聴率をしっかり取れるので安泰。相葉雅紀は手先が起用だし、さまざまな番組の仕切り役などに使えそう。取り柄のない櫻井だけが〝不要員〟になりそうなのです」(ジャニーズライター)

現在、櫻井は事務所が最も懇意にしている日本テレビの夜ニュース『news zero』に月曜のみ出演中。解散後もキャスターとしての道があり得そうだが、

「櫻井に才能があるなら、なぜ月曜しか出番がないのかということ。有働由美子が昨年10月、新キャスターに就く際、『櫻井さんだけは外してください』と局に懇願。しかし、かなわなかった話は有名です。あるいは、他局が櫻井を単独で使おうとしないのはナゼか。やはり答えは『キャスターは無理』ということです」(同・ライター)




■ キャスターなのに仕切り下手

今年4月30日、新元号に変わる直前、以前からの友人だという小泉進次郎衆院議員と櫻井の対談が『――zero』の目玉として放送された。

「聞き手は櫻井のはずなのに、進次郎氏がどんどん話を進めていく。進次郎氏は『休止後、どうするの?』『自分たちは中間管理職みたいなもんだけど、どうあるべきだろ』……『あ、オレばかりしゃべっちゃいけないね。君の役だから』と、立て板に水のように進次郎氏が話すのです。この対談を見れば2人の能力の差は歴然。櫻井は、聞かれても切り返しや逆質問が全然できない。とても同じ学年とは思えないほど幼稚でした」(女性誌記者)

櫻井には、かねて活動休止後に政界に進出するのではないかというウワサも出ていた。

「要は元『SPEED』の今井絵理子議員みたいな〝タレント〟としての集票マシーンでしょうが、T氏としては、波風が立たない〝水面下追放〟なら何でもオーケー。来年末どころか、さっさとどっかに行ってほしいのが本音ですよ」(同・記者)

奇しくもT氏とも同じ学年の櫻井。未来のリーダー進次郎氏と、エンタメ界を背負い立つT氏、この2人に負けないようガンバってほしいものだが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック