ジャニーズ事務所に大麻汚染の疑惑が浮上しつつある

その火種は、大麻取締法違反容疑で逮捕されたKAT―TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)が容疑を認めたうえで「10年ほど前から使い始めた」と供述していること。10年前の2009年といえば、KAT―TUNの東京ドーム8日間連続公演があり、田口容疑者もメンバーとして出演している。もちろん当時はジャニーズ所属の人気アイドルであった。16年にグループから脱退し事務所からも離れたものの、田口容疑者から大麻が事務所内で広がったり、田口容疑者のように薬物に手を染めているようなタレントがいる可能性もあるのではないかと、メディアだけでなくファンですらも疑心暗鬼の目を向け始めているのである。

 週刊誌のベテラン芸能デスクが言う。

「田口容疑者と大麻との関わりは、07年から公私共にパートナーとされ、今回共に逮捕された小嶺麗奈容疑者の影響の大きさが明らかになっています。元ジャニーズの薬丸裕英が小嶺容疑者について『昔からそういう(薬物の)噂があった』とテレビで話し、田口容疑者について『礼儀正しくて良い子だから残念でならない。人との出会い、環境で人生が大きく変わっちゃう』と擁護していましたけど、これも結果的に、疑惑の火に油を注いだ感もありますね。同業者なら当然かもしれませんけど、誰が薬物に手を出しているとか、そういう話は芸能人同士ならほぼ筒抜けのうえ、よく言えば身内の結束の強い、ありていに言えば身内に甘いジャニーズの体質を露呈させているのです。本当はジャニーズも大丈夫なのか? と薬丸も思っているのでは」


ジャニーズの歴史をひもとけば、未成年飲酒や喫煙の疑惑写真が幾度も報じられてきた。

「大麻は摘発がここ4年で倍増し、3500人超となっている。グローバル化の影響もあって、とりわけ若者に抵抗感のない風潮が広がり、『ウーマンラッシュアワー』村本大輔の『大麻合法化しようぜ』とのツイッターにも賛同の声が上がっている。大麻常習者とりわけ芸能人の場合、仲間や周囲のスタッフから入手する傾向が挙げられます。ピエール瀧もそうだったように、顔バレを避けられる一方、身内ならば安心と、そこからまた拡散したりしている。今回の事件で、ではジャニーズ本体は? という疑問も当然でしょう」(前出の某週刊誌芸能デスク)

 大麻については「実はたばこより有害物質が少ない」といった話が流布し、だから「安易に手を出しても大丈夫」と罪悪感もなく手を染めていく流れもある。ある芸能プロデューサーはこう言っている。

「大麻はあらゆる薬物の入り口でもあり、大麻から始めてコカインや覚醒剤に手を出していくというのはある。ぐるりとまわって大麻に回帰したり、汚染は業界全体に強まっている。逮捕されて、これだけ社会的制裁を受ける姿が公になっているのに、それが止まらないということからも汚染の深刻さが分かる」

■繰り返す歴史は企業体質か

 ジャニーズ担当のベテラン記者はこう言う。

「ファンと同様、タレントにも一定数、素行のよくない者はいる。そういう者は新グループに入れないようにしたり、ジャニーズも注意し気をつけてはいる。しかしながら、寮も合宿所もなく、通いで仕事をする現在は、どんな子なのか、本性を見極めきれない部分がある。悪いやつは悪いやつが分かり、夜遊びなどで連携し、真面目なやつが入ってきたときに引き込んだりしてしまう。かつて光GENJIの赤坂が薬物で逮捕されたように、今回も歴史は繰り返すといわれれば否定できない部分はあるのでは」

 田口容疑者の現役ジャニーズ時代の大麻使用告白。波紋は大きく広がっている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック