堂本光一 「俺の人生、幸せ」18年5カ月での金字塔

KinKi Kidsの堂本光一(40)が31日、東京・帝国劇場で主演舞台「Endless SHOCK」の千秋楽公演に出演し、単独主演1700回を達成した。2012年に亡くなった女優・森光子さんが「放浪記」で42年5カ月かけて到達した領域に、18年5カ月で並ぶという偉業を達成した。

 カーテンコールで観客はスタンディングオベーションで光一をたたえた。光一は「振り返りきれないほどの回数。日々、今この瞬間がすてきな瞬間だなと思ってやっている。すげえ、俺の人生、幸せですね」。歩んできた軌跡に感謝の言葉を連ねた。

 00年11月に初演を迎え、光一にとってライフワークとなった「SHOCK」。この日、平成最後の公演が幕を閉じた。きょう1日には、新元号が発表される。「この先、何回までやりますかとよく聞かれるんですが、走り続けられるだけ走り続けたい。僕だけのものじゃない。お客さんあってこそです」と新時代を迎えても、「SHOCK」は進化し続けることを誓った。

 何より忘れられないのは11年3月11日の東日本大震災だという。この日も「-SHOCK」公演期間中だった。森さんが生前「世の中が平和でなければステージには立てない」と口にしていたことにも触れ、「毎日、幕が上がり、無事に幕が閉まることの大切さを改めて感じるようになりました」と舞台への思いを明かした。

 「Show must go on」。舞台のテーマでもある言葉を胸に光一は新たな時代へと走り続ける。

会社を辞められずに困っている方

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック