堂本光一さんがEndlessな魅力と輝きを放ちます

3月31日、堂本光一さんが主演を務めるミュージカル「Endless SHOCK」が、上演1700回を達成。2000年に「MILLENNIUM SHOCK」として帝国劇場(東京)で初演され、05年以降は「Endless SHOCK」として内容を一新、自ら脚本や演出、音楽等の制作面の指揮も執ってきた、光一さんのライフワークともいえる作品です。

「週刊朝日」では、3月中旬の公演直後、まだ舞台の熱を帯びた光一さんの姿を撮り下ろした写真を、表紙とカラーグラビア3ページでお届けします。

さらに2019年の「Endless SHOCK」の舞台も撮り下ろし! 観客席からの肉眼ではとらえきれない、光一さんの表情や筋肉の美しさを感じられる写真の数々を、グラビア4ページにわたって掲載。

本誌単独インタビューでは、初演時の思いや葛藤、稽古や公演を通して得たものについて、2ページいっぱいに語ってくれました。

また、コラムニストのカトリーヌあやこさんが「Endless SHOCK」を初観劇。本誌連載「てれてれテレビ」を「てれてれシアター」とする特別版で、その様子と感動をリポートしてくれました。

カラー7ページにモノクロ4ページ、たっぷり11ページの大特集。
光一さんのEndlessな魅力と輝きが詰まった週刊朝日を、お見逃しなく!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック