だったら、なぜ“外様”の大野がグループのリーダーとなったのか?

しかし、ジャニー氏には“松潤をセンターにして、もう一度やり直せないか……”という強い思いがあったらしく、1年後に「MAIN」のメンバーを中心に、「嵐」として華々しくハワイでデビューを果たす。“中心に”というのは、「MAIN」から生田が抜け、事務所に入ったばかりの櫻井翔(37)と、95年に「Junichi&JJr」というグループですでにCDデビューしていた大野が合流することとなったためだ。

■後々も尾を引く可能性が

 ここまで読めば分かると思うが、嵐は松本・二宮・相葉のプロパー3人と、櫻井・大野という途中合流コンビに分けられる。「MAIN」から続くプロパーのメンバーたちはグループに対する愛着は強く、逆に言えば、リーダーにもかかわらず、大野が解散を言いだすことができたのは、それほどこだわりのない“外様”だったから……と言えなくもない。自由が欲しくてたまらない大野に、松潤らプロパー組は今後20年のグループの可能性に言及して説得したものの、最後まで外様との溝を埋められなかったという。



という疑問が浮かぶが、これは「“まとめ役は彼が適任だ”とジャニー氏が現場に指示を出したから」(関係者)といわれている。このジャニー氏の読みは、ある意味で正解だったが、最終的にグループに破綻を来す遠因になったとも言えそうだ。

 さて、活動休止後の5人のメンバーはどうなるのか。大野は少しの休養期間を挟んでアーティストに転向していくのではないかとウワサされている。松潤は事務所内の若い後輩アイドルの演出を中心に、プロデューサー業に比重を移していくそうだ。二宮と櫻井は俳優業が中心、相葉はバラエティーがメーンになるといわれている。

 活動休止後も嵐のメンバーの将来が前途洋々であることは間違いなさそうだが、メンバー間に生まれた溝が、後々尾を引くかもしれないことだけが不安の種といえるかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック