和田正人×松尾諭がブロマンス時代劇!『やじ×きた』4月スタート

俳優の和田正人と松尾諭が、4月スタートのドラマ『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(BSテレ東/毎週土曜21時)に出演することが分かった。制作スタッフは『水戸黄門』の京都東映太秦の時代劇チームが担当する。


 ひょんなことから女と女房に捨てられ、江戸に居場所がなくなった喜多さんと弥次さんは、東海道を西へ「お伊勢参り」にかこつけた”自分探し”の旅に出る。2人は小田原、箱根、三島、府中から大井川を越え浜松宿と、東海道の有名宿場で騒動に巻き込まれていく。この騒動の火種を撒いているのが、密かに2人をつけて旅をする十返舎一九―。十返舎一九は『東海道中膝栗毛』の作者であり、本作は、『東海道中膝栗毛』の誕生を描く物語ともなっている。

 元役者のお調子者“喜多さん”こと喜多八を演じる和田は「とにかく脚本の面白さに目を惹かれました。東海道中膝栗毛は時代劇の名作喜劇。当然の如く大きな重圧を感じましたが、それ以上に、ここに描かれている喜多八を演じたいという、抑えられない欲の方が勝ったのを覚えています」と出演の喜びを語った。

 芸術家気取りのエロおやじ“弥次さん”こと弥次郎兵衛を演じる松尾は「この『やじ×きた』は、女の尻ばかり追いかけたり人を騙したりする、十返舎一九の原作通りの弥次喜多を描くので、『弥次郎兵衛は松尾さん以外に考えられないんです』と若きプロデューサーに言われ、僕に一体どういうイメージを持っているのかと訝りはしましたが、なんにせよ有難いお話だと思いました」とコメントしている。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック