アイドルグループの“定年”は「20年」そのうえはオジドルグループか

先週は嵐の活動休止の話で持ち切り。メディアは2020年東京五輪が行われるラストイヤー、来年までにどれだけ稼ぐか? など試算して賑やかだが、注目したいのは区切りをつけた今が結成“20”年ということ。

 解散ではなく活動休止であり、復活もあり得るが、20年の節目に「休止宣言」したところが、ミソだ。他のアイドルグループはどうか。嵐は35歳から38歳までで構成されているが、先輩のV6が今年25年目になり、現在38~47歳(最年長は坂本昌行)。TOKIOに至っては前身のTOKIO BANDから30年で40~48歳と全員40代!(最年長は城島茂)。2つのグループの半数がアイドル活動中に厄年を2度経験している。

 若手に思える関ジャニ∞でも17年目でメンバーは全員が30代。

 ちなみに昭和の終わり頃に結成された光GENJIは実質約8年間。今思えば短い

最初の代表的なグループ「フォーリーブス」は67~78年までの約11年!(02年に再結成され09年まで活動)。これはあくまで昔の話で、現在ではテレビでの男性アイドルの役割や需要が違う。

 なので、今の時代で嵐が行った「20」年での休止宣言は理想的ではないか。SMAPのようにケンカ別れ(?)だと経済効果は見込めず、TOKIOの山口達也のようにスキャンダルで脱退者が出てから休止や解散では華やかさに欠ける。

 10代で結成し、20年後の30代で休止宣言、つまり「20」年をアイドルグループの定年にすればキリがいい。

 しかし、これはトップアイドルに許される花道であって、人気がなければ20年の任期の前に解散となりそうだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック