「またファンが減った」とボヤいた堂本光一

銀座のダイヤモンドメーカーが調査したという「夫がイラっとくるメールランキング」が取り上げられ、第1位は「夕飯時の『何時に帰ってくるの?』」だと発表された。光一は「へえ~」と驚きつつ、この情報を提供したリスナーから送られた「女性からすると、食事をちょうどいい温かい状態にしたいからなのに、と思いました」というメッセージも読み上げ、「そうだよねえ」と共感していた。

 また反対に、「妻がイラっとくるメールランキング」では、第3位が「意味のないスタンプ」、第2位が「長文に対する返信が一言」とのこと。光一はこれに「いやそれは……長文にしてきたのは、自分やん?」とバッサリ。「その一言がすごい的を射てたら、一言でもいいんちゃうん?」と、男性目線から的確にツッコミを入れていた。

 さらに光一は「でもわからんけどさ、女の人ってよく言うやん。『答えを求めてるん違うねん』って。あれ意味わからなくない?」と愚痴モードに突入。「あれ、困る。どうしたらいいん?」と嘆きつつ、スタッフに「あるよね~?」と同意を求める一幕もあった。光一は「俺の意見として、『俺はこういうふうに思うわ』みたいなこと言ったら、『出た~!』って(言われる)」とリアルな体験を明かす。「なんなん、これ。このなんか、なにを答えても、なにを言ってもアカンやつみたいなのあるよね?」と嘆き、「どうしたらいいんですか、ああいうとき」と悩みを吐露していた。

 また、「聞いてほしいと思うでしょ? 違うねん、それ。『ああ、ああ、そやな。ああ』って聞いてると、『聞いてへんやろ!』みたいなこと言われる」と苦笑い。そしてふと我に返り、「今、男性諸君からすごい共感を得ている……! 男性リスナーはどれだけいるかわからんけど、男性リスナーは『そうや! 光一行け~!』ってなってんちゃうん?」と手ごたえを感じたよう。

 一方で、「女性リスナーからしたら『光一最悪やん!』『男としてないわ!』『(堂本)剛くんはあんなに優しいのに!』みたいなね」と自虐し、女性からの支持が得られていないのを悟った様子。「多分、女子からは嫌われた。またファンが減った」と笑いつつ、「でも、それも含めて受け止める心を持たないといけないんでしょうね。はい、反省します!」とまとめていた。

 この放送にファンからは、「今さらそんなことで嫌わないよ(笑)」「剛くんは、剛くんなりの優しさ、光ちゃんは、光ちゃんなりの優しさがあると思う!」「光一さん、かわいい人だな。剛さんと違う種類の優しさを持った人だと思う」という声が上がっており、光一の心配していた“ファン離れ”は起きていないようだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック