最年長の大野くんはセカンドキャリアを考える時期

おぐら 会見のあと、嵐のファンクラブ会員が10万人増えたという報道もありました。

速水 もともと約240万人だった会員数が、活動休止を発表したあと約250万人に増えた。ファンクラブの年会費は4000円だから、その売り上げだけを計算しても年間で100億円。会員になるとコンサートチケットを優先的に申し込みができるとかの特典があるとはいえ、このサブスク時代にものすごい企画力だよ。話し合いに2年、発表から休止までに2年という期間は、4年間は安泰だって本人たちが自覚しているってことでもある。

おぐら 年齢的なことでいうと、最年長の大野くんが38歳で、ほかのメンバーも30代後半という、まさにセカンドキャリアを考える時期です。

速水 日本的な世代区分でいえば、ポスト団塊ジュニア世代。SMAPも実質的に事務所内のトップの地位を嵐に譲ったのが、40代にかかる直前だったんだよね。その意味では、嵐はそれを譲る存在がいなかったというか。とてもセカンドキャリアとは言い出せなかった。優等生だけに、KAT-TUNのように自由にもできないし。

おぐら KAT-TUNはもともと6人組だったのに、いまは3人組になり。

速水 ヤンチャなグループというキャラでデビューさせたら、ヤンチャな順番にちょいちょいメンバーがへっていくという。ジャニーズ史上、最も半減期の短いグループ(笑)。

おぐら 僕は大野くんと生年月日が同じなのですが、まわりの同世代も嵐の会見をうけて真剣にセカンドキャリアを考える人たちが続出してます。「嵐もあと2年か……それまでに会社やめるか」みたいな。今後、嵐インパクトによって転職や離職が増えるかもしれませんよ。

速水 36歳になったタッキーも、1月にジャニーズJr.の育成とプロデュースを担う株式会社ジャニーズアイランドの代表取締役社長に就任したしね。ただ、表舞台から引退して最初の仕事がLINEスタンプのキャラってのはちょっと腰が抜けそうになったけど。それ以外にも、2018年はジャニヲタ受難の年だった。TOKIOの山口くんの事件とグループ脱退、退所問題。渋谷すばるくんの脱退、退所。今井翼もそう。あとはLove-tuneの契約更新しなかった問題。そしてKING&PrinceとSexy Zoneに1名ずつのパニック障害が発生して。

おぐら 本当にいろいろありましたね……。それにしても、ルックスがよくて歌とダンスが上手で、それに演技もできるっていう芸事に長けているだけでも十分すごいのに、かつてのアイドルと比べると今は全方位的な人間性を求められますよね。それってかなりのプレッシャーだと思うんです。

速水 SNSでの発信はもちろん、記者発表の場とかで「あなたにとってファンはどういう存在ですか?」みたいな質問にどう答えるかで真価が問われたり。

おぐら ちょっと前の『ワイドナショー』で指原莉乃が、松本人志に「お得意の体を使って」とセクハラ発言されたことに対して、後日ツイッターに〈松本さんが干されますように!!!〉と 投稿 して絶賛されていましたけど、あの高度なコミュニケーションは誰もができることじゃないですよ。

速水 もはや芸能界はそういう返しがうまい人しか生き残れなくなってきている。想定内のことしか言えないと、すぐ飽きられるし。だからピンのアイドルが厳しいのって、チームプレーができないところだよね。

おぐら いま人気を集めるためには、グループでもコンビでも、あるいはフィクションの登場人物たちにしても、関係性の魅力は超重要です。

速水 嵐のメンバーだって、もしひとりずつ会見をしていたらあそこまで完璧な仕上がりにはなってなかったよ。

■“​無為な炎上”が乱発するフェーズに入った
おぐら 競技の世界においても、記録を出したところで終わりではなく、そのあとコメントでどんなことを言うか、どんな人間性なのかまでが評価の対象になってますよね。そのコメント次第で人気が出たり、あるいは意外な趣味があったことで注目が集まったり。

速水 羽生結弦はまさにそうだった。記録も出して、コメントも優等生で、プーさんが好きっていうところまで込みの人気。でも、たとえばサッカー日本代表の森保監督は、あくまで勝つのが仕事だと割り切っていて、精神論とファンへの感謝しか言わない。スポーツの世界では、発言による炎上とか余計なことで精神的な負担をかけないように、なるべく選手にもしゃべらせないようにしていたりする。

おぐら バラエティ番組でのトークが苦手だったり、とにかくライブのネタで評価してほしい芸人は、そういう意味でアスリートと似てますね。何年か前まで、SNSが世間に浸透してきた頃は、これからはセルフブランディングだとか言ってましたけど、これだけ無為な炎上が乱発するフェーズに入ったことで、もうそういうのいいや、本業に徹しようって人も増えそうです。

速水 それでいうと、松本人志にとっての『ワイドナショー』って、ボケの究極のシチュエーションを自分で作った時事ネタなんだよね。

おぐら そうですね。別にコメンテーターをやりたいわけではなく、あくまで本業のお笑いショーとしてやってる感じ。漫才からはじまり、コントで一世を風靡して、『一人ごっつ』や大喜利、『すべらない話』を経て、今度はニュースをネタに笑いをとろうっていうスタンスなのかなと。

速水 本人にしてみれば、社会現象で大喜利してる感覚だよね。それで最初はうまくいっていたのが、さすがに時代遅れ感のほうが目立ってきちゃったっていう。

おぐら だから本人としては、自分はコメンテーターではないし、社会的にアップデートしようとか、リテラシーを身につけようっていう意識がないんだと思います。ひとつ時代に合わせているとしたら、芸人がニュース番組に出るようになったご時世に、自分もニュースで笑いをとろうっていうぐらいのことで。

速水 それでスベっちゃうから、もう松本人志は終わったとか言われるんだよね。

■ZOZO前澤社長は​「本業に集中します。チャレンジは続きます」
おぐら 一方でライター界隈では、SNSやネットでの発言による存在感や影響力が仕事に直結してます。たとえ原稿が下手でも、ツイッターの更新がやたら多くてフォロワーもたくさんいると仕事が来る。それによってダメな文章が世の中に出回り、それを読んだ人が「これなら自分にも書ける」とライターを目指し……という循環。

速水 原稿を書いてるならまだましで、影響力だけを換金する仕組みがオンラインサロンだからね。あとは、本業がうまくいってない人ほどネットで存在感を発揮しがち。ZOZOの前澤(友作)社長はまさにそうでしょ。

おぐら 前澤社長のツイッターをフォローしてリツイートしたら、100人に100万円ずつ、総額1億円をプレゼントするっていう。

速水 あれはZOZOのオリジナルブランドが大コケして、本業である会社の株価も落ちてきたから知名度を上げるカンフル剤としてやったはず。宇宙つながりで言えば、テスラがうまくいかなくなってタイの洞窟救出劇のダイバーに暴言を吐いたイーロン・マスクと一緒。

おぐら それにしても1億円って、かなりのインパクトはありましたよ。

速水 でも肝心の使い方が、キャバクラとかホストクラブで毎日100万円使ってますみたいな金持ちエピソードのレベルで、あまりにセンスがない。

おぐら でもほら、ただ配るのではなく、夢を持っている人にあげるっていう……。

速水 そんなのキャバクラとかホストクラブで働いてる人だって夢あるよ。「君は将来自分の店を持ちたいの?」「君はアイドルになりたい?」「じゃあ100万円あげる」っていうのと同じだよ。

おぐら じゃあどういう使い方ならよかったんですか? 

速水 例えばビル・ゲイツの財団は、地球上の種子を冷凍保存する活動をしていて、テクノロジーに投資することで、人類に穀物危機が起こった時の種子バンクを作ったりしてる。

おぐら なんて意義のある……。

速水 これは軍地彩弓さんという編集者が言っていたことだけど、前澤社長もどうせなら、将来ブランドを作って独立したい若者に支援するとか、ものづくりをリスペクトした使い方をすればよかったのにって。

おぐら ファッションの世界は、なかなか世に出られなくてジリ貧でがんばっているデザイナー志望の若者たくさんいますからね。それだったらZOZOとの親和性もある。

速水 そして2月には〈本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します〉と投稿してツイッターをやめちゃった。

おぐら とりあえず、100万円を手にした人たちは、あれだけ夢を語ったからには「100万円こんなことに使いました」っていう報告があってもいいのになとは思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック