梅宮辰夫の慧眼

詐欺などで服役中の元タレント羽賀研二(57)の逮捕報道により、梅宮辰夫(80)の株が上がっている。羽賀と愛娘アンナ(46)の交際が取り沙汰されたとき、「あいつは希代のワル」だと断固交際に反対し続けた梅宮。当時は頑固おやじとみられもしたが、羽賀の本性を見抜く洞察力と慧眼はやはり本物だったというわけだ。

 梅宮といえば、「夜の帝王」として浮名を流すプレーボーイ、あるいは「不良番長」シリーズなど東映の看板スターとしての方が通りがいいだろう。任侠を地で行く逸話も多いだけに、不良タレントの素性を見抜くなどお手の物か。

「羽賀と交際中、アンナが羽賀の浮気現場を目撃して泣いていると知った梅宮は、すぐにその情報を旧知の芸能リポーター梨元勝さん(故人)に連絡したそうです。交際に反対するだけじゃなく、芸能マスコミも巻き込んで別れさせようとしていたんです」


その梨元さんとは2010年4月に本紙で対談を行っている。その席で羽賀とアンナについては、こんなエピソードを明かしている。

「初めて会ったその日に羽賀がもう『パパぁ』だ。しかも『今日、結婚式場を予約してきました』でしょ。冗談だと思うけど、『この野郎、ふざけんな』ですよ。気付いた時はそういうふうにコトがかなり進行していて後戻りできない。しょうがない、これからよくするしかないなと思う状況なわけです」

 父親として娘を思う心情にあふれているが、それが理由でアンナに煙たがられたときもあったとか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「梅宮さんは言わずと知れた大物でありながら、僕ら芸能マスコミにも普通に、ごく当たり前に接してくださるんです。逃げも隠れもしない。世の中の表も裏も見てきた貫禄といいますか、威風堂々としていらっしゃる。だから羽賀のちょっとやそっとの小細工など簡単に見抜いてしまったのかもしれません」

アンナが羽賀に肩入れするあまり、借金8000万円の連帯保証人になり、痛い目に遭ったときも見守り続けた。その後、アンナが結婚して02年に長女の百々果ちゃんを出産。離婚した後は自宅で孫の面倒を見て「じいじ」としても活躍している。

 今やアンナからはテレビでこう言われている。

「梅宮辰夫の娘に生まれてきて良かったなと思います。1分でも1秒でも長く生きてほしい。とにかく感謝でいっぱいです」



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック