なりふり構わず「無料招待」メール出回るジュリー、武道館

再びドタキャンの危機が叫ばれながらも、19~21日に行われた日本武道館3DAYSを無事乗り切った歌手、沢田研二(70)。その背景には何とか席を埋めようと集客に奔走するスタッフの姿があったという。

 沢田といえば、昨年10月、さいたまスーパーアリーナ公演を「空席が目立つ」として開演直前でキャンセルする騒動を起こしていた。今回も、メディア関係者内で流れたある情報から、チケットの売れ行きが苦戦していると報じられた。

 《沢田研二さんの武道館公演1月19日から21日 何名様でもご招待。》

 こうしたメールやLINE投稿が出回っていたのだ。

 「とにかく広範囲でこうした情報が流れたようです。当初は全席8000円という情報もありましたが、直前には無料ご招待と変わりました。何人でも構わないというスタンスでなりふり構わない様子がにじみ出ていました」と芸能関係者。

 そのおかげというか、公演は3日間とも無事に開演された。当日券も発売されてはいたが、会場は8000~9000席がほぼ埋まったという。「ジュリーも、ステージ上で、『開場までに何か起こるかもと思った人いるのでは』と自虐ネタを披露したそうです」と先の芸能関係者。

 しかし、こうしたステージの舞台裏について、「女性自身」は「席を埋めた割合はファン6割、関係者が4割ほどだったそうです」「赤字覚悟の集客だったようです」とする音楽関係者の声を伝えている。

 何はともあれドタキャンは回避された

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック