大野智のジャニーズの“福の神”伝説

今年の“24時間テレビドラマスペシャル”は、メインパーソナリティーでもある嵐・大野智が主演する『今日の日はさようなら』(8月24日/日本テレビ系列)だ。ジャニーズ事務所の後輩であるHey!Say!JUMP・山田涼介との共演も注目されるなか、大野は余命宣告をされ、死に至る難役に挑戦。カツラでありながらも、丸坊主になっているのは必見だ。

 国民的アイドル・嵐のなかでも、テクニカルな異能派として知られる大野。歌える、踊れる、演じられる。マストであるこれらはもちろん、1998年あたりからはフィギュアや絵画に傾倒。08年に初の個展『FREESTYLE』を開催し、翌09年には、ポップアート作家・奈良美智と親しくなっている。今回の『24時間テレビ36』では、芸術家・草間弥生と“チャリTシャツ”を共作。過去最高の105万枚を売り上げている。

 並行して、時間を見つけては趣味の釣りにも没頭。1日中、船に揺られて、船酔いすることがあっても、やめられないほどの“釣りキチ”だ。計り知れないほどの時間を費やすため、日焼け対策も緩慢。ドラマ出演が決まると、事務所から釣り禁止令が下される。

 役作りのためのセルフコントロールが、人並み外れているのも大野ならでは。自身初となった月9ドラマ『鍵のかかった部屋』(12年/フジテレビ系列)では、早口で膨大な台詞の量に挑戦。撮影期間のおよそ4か月は、外食や趣味をすべて禁じて、食事はスタジオの弁当やケータリング、自宅ではコンビニ弁当で過ごした。

 今作『今日の日はさようなら』でも、無意識のうちに7㎏ほどウエイトダウン。わずか1か月の撮影期間は、心身ともに濃密だったようだ。

 ジャンケンで決めた嵐のリーダー・大野。ずば抜けた美男子ではないが、大野が表紙を飾った雑誌は必ず売れる。そんなジンクスもあるようだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック